3.11はままつ東北復光プロジェクト

団体紹介

3.11はままつ東北復光プロジェクト団体概要・活動目的

私たちは毎年3月11日に浜松市中区アクト通りで「3.11復光キャンドルナイト」を行っております。東日本大震災の復興支援、風化防止、追悼、南海トラフ巨大地震への関心強化、自然災害に対して自ら動くきっかけづくり、この5つを活動目的として今年も3.11復光キャンドルナイトを開催します。今年のテーマは「咲 -広がる輝き-」。古代中国語で笑顔の意味を持つ「咲」という一文字を灯し、キャンドルがぽつりぽつりと灯すように、人の輪も広がってほしいと願っています。

活動内容

3月11日の「3.11復光キャンドルナイト」がメインですが、10月には小学校での防災体験活動、11月と12月には地域のイベントへの参加や他大学サークルとの共催イベントを行っています。「3.11」だけでなく、通年を通して防災や災害に対する意識向上の取り組みを行っております。

ひとこと

今年も9回目の3.11復光キャンドルナイトを行います!年々参加者が減ってきており、浜松でも災害に対する意識が遠のいている印象を受けています。1年に1回、東日本大震災を思い出し、東北への想いや浜松市の未来を考えるきっかけとしませんか。

団体情報

代表者 黒田慶司
参加大学 常葉大学,静岡産業大学,聖隷クリストファー大学,浜松学院大学
人数 15名
活動場所 常葉大学 社会貢献・ボランティアセンターHUVOC
活動頻度 週一回の定期ミーティングに加え、週末は各種イベントに参加
会費 なし
HP なし
SNS https://mobile.twitter.com/311candlenight
連絡先 3.11candleproject@gmail.com

 

コメント