GWが明けて…

皆さん。お久ぶりです。hs-crowd運営の村松です。

皆さんは、GW中どのようにすごされましたか?
僕は、オンラインイベントへ参加したり、本を読んだり、友達とインスタライブをやってみたりと充実したGWをすごしたような気がします。

さて、話しが変わりますが、大学生活どのように過ごしていますか?
特に、授業はどんなふうに行われていますか?
はやい所では、4月下旬から行われているところもあれば、GWが明けてから始まるところもあると思います。そこで、今回は大学での授業についての話しを少ししていこうと思います。

大学の授業形態

皆さんの大学では、授業はどのように行われていますか?

現在、新型コロナウイルスの影響もあってオンラインでの授業が基本かと思います。
また、オンライン授業もリアルタイムかオンデマンドの2種類に分かれます。

リアルタイム方式の授業とは、オンライン上で通常の時間通りに授業を行う方法です。これは、リアルタイムで授業が行われることもあって、出席の確認などは容易ではありますが、zoomやGoogleのmeetな様々なオンライン会議のツールを用いて授業が行われるため、ネット環境の整備が必須になってきます。

もう一つが、オンデマンド方式の授業です。これは、あらかじめ準備しておいた動画を市長して貰い、課題(レポートなど)を提出することで出席とみなす方法です。リアルタイムと違って、動画を視聴する時間などは自由ですが、生活リズムが崩れないように維持するのは大変かもしれませんね。
また、授業の集中講義化も進んでいます。このコロナの状況が大学生の学びの形を新しい形に変えてくれるかもしれませんね。

最後に

このように、オンライン授業は一長一短の代物ではありますが、うまく利用する事ができれば学びの幅や学生活動の幅が広がってくのではないでしょうか?
また、オンラインを活用して新しいことを初めて見るのもいいかもしれません。浜松市内に問わず様々な学生や団体がオンライン上でイベントを実施しています。興味のある方は調べて見ると良いかもしれません。
僕もオンライン上でのイベントを調べたり企画していますので、今後のコラムで掲載できたらと思います。

それでは、皆さん。また次回!

コメント