困ったらこれ!おすすめアイスブレイク🍨

こんにちは!学生FRESHの鈴木柚衣です。
8月に入り、暑い日も続いておりますが、みなさんいかがお過ごしですか?
熱中症にもコロナにも気をつけて……と、活動も制限されがちですが、でも楽しい夏にしたいですよね😊
「夏休みどう過ごそう?」とまだお悩みの方は、ぜひ先月のコラムを覗いてみてください♪
7月のコラムでは、FRESHメンバーの夏休み計画を紹介しています!
こんな夏休みの過ごし方もありかも!?と参考になると嬉しいです✨

さて、8月のテーマは「おすすめのアイスブレイク紹介」です!!
団体で毎回行っている鉄板のアイスブレイクや、「これはめちゃくちゃ盛り上がった!!」という選りすぐりのアイスブレイクなどを紹介していきます☆
みなさんの団体でもアイスブレイクをする機会は多いと思いますので、ぜひ参考にしてみてください!

チャリティーサンタの鉄板

 まずは私が所属する「チャリティーサンタ浜松支部」という団体で毎回行う、鉄板のアイスブレイクを紹介します!
 チャリティーサンタは名前の通り、クリスマスイブにサンタに扮して子どもたちに笑顔と思い出を届けている団体です。というわけで、アイスブレイクでは「子どもの頃のクリスマスの思い出」について、一人一分程度で話してもらいます。
「こんな風に過ごすのが毎年の恒例だった!」
「サンタさんを待ちながら寝るとき、こんな気持ちだった」
「こんなきっかけでサンタさんの正体に気づいてしまった😲」
などなど、このアイスブレイクでは十人十色の様々な思い出を聞くことができます!
一人一分という時間を設けてはいますが、毎回みなさんの思い出が濃すぎて時間を過ぎてしまうこともしばしば……。でもそれだけクリスマスやサンタに思い入れの強い方々が集まってくれたんだ!と毎回嬉しくなってしまいます😊

一人一人のクリスマスに対する想いや、サンタさんに対する愛を感じることができる、充実したアイスブレイクです✨
そしてこれから「サンタクロース」になる私たちにとって、子どもの頃の気持ちを思い出すのはイブ本番に向けた準備運動にもなります。サンタクロースは子どもたちを喜ばせることが仕事!!どんなことが嬉しかったか、心に残る思い出にするにはどうしたらいいか、そんなことを考えるきっかけにもなればいいなと思いながらアイスブレイクを行っています。

団体の活動に関する話題を(堅苦しくならないように)アイスブレイクに盛り込むことで、他の参加者の方と打ち解けながら活動に対するモチベーションも自然に上げられるのでおすすめです!!

「自己紹介カード」を作ろう!

 もうひとつ、自己紹介を兼ねたアイスブレイクをご紹介します。
自己紹介って、簡単なようで盛り上げるのが意外と難しいと感じたことありませんか?
自己紹介してください!と参加者の方に急に伝えても、「何を言ったらいいんだろう…」と困らせてしまいますよね。かといって、「好きな食べ物を紹介してください」と伝えたら、「えっと…好きな食べ物はスイカです」という一言で終わってしまう。「じゃあ好きな食べ物とマイブームと最近観た映画と…」なんてたくさん挙げたら覚えきれないし、中には「最近映画なんて観てないし…」という人がいるかもしれない。

 相手のことを深く知ることができて、自己紹介する側も話すのに困らないような自己紹介の方法はないのか!?とお悩みの方におすすめなのが「自己紹介カード」の作成です!
用意するのは一枚の白い紙とペン。手順は以下の通りです。
①紙に6つのマスができるようにペンで線を引く(もしくは紙を折って線をつけるでも○)。
②1マスに1つ「自分を表す単語」を書く。単語は固有名詞でも数字でもなんでもOK!

例:私の自己紹介カード

SUAC 1999 1219
BiSH モルカー 金欠

自己紹介カードの作成が終わったら、このカードに書かれた単語を一つ一つ紹介していきます。
私の場合は「SUACというのは通っている大学『静岡文化芸術大学』の略称です。1999年、12月19日生まれで、BiSHというアイドルのファンです!最近はモルカーというアニメにはまっていて、グッズを買い漁ったら金欠になってしまいました」といった感じ!
あらかじめ書いてあることを紹介するだけなので話す側も話題に困らないし、書く単語にはその人の個性が出るので自己紹介を聞いている側も楽しめて盛り上がります☆

例としてマス目を6つとしましたが、時間があまり取れないときは4つにしたり、逆に時間があるときは9つにしたりなど時間の調整も簡単でおすすめです!

よかったら参考にしてみてください😊

コメント