食欲の秋 松下の地元紹介

こんにちは!学生FRESHの松下紘大(まつしたこうだい)です。
〇〇の秋といえば、何が真っ先に思い浮かびますか?
私はやっぱり、食欲の秋です。
今回は私の地元を紹介したいと思います。食欲の秋とどんな関連があるかというと秋が旬の食べ物がたくさんある!ということで、早速紹介していきます。

松下の生まれ故郷 長野県下伊那郡豊丘村

私の出身は長野県下伊那郡豊丘村という場所です。長野県の南部にある村で、2つのアルプスに囲まれた日本一の河岸段丘を持っています。
その地形を生かした特産物がたくさんあり南信州の台所として、特に野菜、果物などが豊富です。
それでは、私のおすすめポイントを紹介します。

その① 松茸

豊丘村といえば、松茸!と言われるほど有名です。
多く採れるだけあって、小学校の給食では年に1回、豊作なら2回以上出ることがあります。
一番好きな食べ方は、松茸ごはんです。味も美味しいのはもちろんなのですが、何よりも香りがいいです。あとは、シンプルに焼いて醬油で食べるのも美味しいです!
今の話を聞いて食べたくなった方に朗報です。ふるさと納税のお礼の品としても取り扱っています。美味しい松茸が食べたい方は是非、豊丘村へのご寄付をよろしくお願いします!

その② 果物

次は果物です。りんご、桃、梨、柿、ぶどうなどたくさんあります。浜松ではみかんが美味しいですが、豊丘村も負けてはいません。
私が特にオススメしたいのが、りんごです。
豊丘村で栽培されているりんごの品種では、つがるやふじに加えて、長野県原産のシナノゴールドなどたくさんあります。
豊丘村の道の駅にアップルパイが売っていて、お土産にお勧めです。

その③ 焼肉

豊丘村近辺の飯田下伊那という地域では、焼肉がとても有名です。
人口1万人あたりの焼肉店の数が全国で最も多いとされ、「日本一の焼肉街」と称されるほど、焼肉文化が根付いています。

他の焼肉と何が違うかというと、牛の割合が少なく、他の肉がたくさん使われています。
詳しく言うと、豚、ラムやマトン、ジビエ、馬肉、モツ(内臓)の人気が高いです。
また、何かお祝い事があれば焼肉!焼肉!といったように、家庭でも焼肉を食べる機会が多いです。外で焼肉をするのもスタンダードで、鉄板を貸し出してくれる焼肉屋さんもあります。飯田下伊那は隠れた焼肉帝国なのです。

最後に

今回の記事はいかがでしたでしょうか。
食べ物も他にたくさん美味しいものがありますし、観光名所もあるので、是非来てください。
今回のコラムで長野県、そして豊丘村に行きたいと思ってもらえると幸いです。

コメント