就活生に贈る!熱い言葉!

こんにちは!学生FRESHの松下紘大(まつしたこうだい)です。
12月が近づいてきましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
3年生はそろそろ就職活動が本格的に始まりますね!準備等は進んでいますでしょうか?
就活が心配、何から始めていいか分からない。そんな人が多いと思います。
今回は、就職活動の心構えについて書いていきます。

松下が感銘を受けた言葉

皆さんは、就職活動っていつからスタートすると思いますか?
インターネット配信者の加藤純一さんはこう言っています。「生まれ落ちた瞬間から就職活動っていうのは始まっているからね」です。
私は、大学1年生の時にこの言葉に出会い、その時から就職活動を意識し始めました。

これが動画のリンクになります。↓
https://www.youtube.com/watch?v=JsfgwOv1TJc
是非この動画を見てください!
なぜ、この言葉に感銘を受けたか理由を述べていきます。

その① 就職活動は1年でやるものではない

就職活動は3年生から始めて1年でやると思っている方はいませんか?
僕もこの言葉に出会うまではそう思っていました。
ただ、加藤純一さん曰く、「どういう仕事に就きたいか、どういう人間になりたいかを想像して学校を選ぶ。だから、中学や高校、大学を選ぶんだ。」ということを言っています。
今までの自分は、将来についてあまり考えず、大学まで来てしまいました。
しかし、この言葉をきっかけに、どういう仕事に就きたいか、どういう人間になりたいかを考えるようになりました。そして、理想に近づけるように行動するようになりました。
皆さん、まだ遅くありません。自分と向き合って、考えましょう。

その② 就活は今までの努力が試される場

「就活はその1年のために、今までの努力が試される場」とも言っています。
読んでいるあなたは、就職活動まで何年、何か月残されていますか?
納得のいく就職活動は、小手先だけでは絶対に上手くいきません。
適当にエントリーして、適当に面接を受けた企業から内定をもらうことはできますが、果たしてそれは、人生の集大成なのでしょうか?
今までの努力や積み重ねを発揮できる場所が就職活動だと思っています。

最後に

今回の記事はいかがでしたでしょうか。
就職活動どうしようって思っている方は、まだステージに立てていません。
しかし、この記事や動画を見たあなたはそれに気づいたはずです。
これから全力で就職活動に臨んでください。そして、頑張ってください!

コメント