【2021プレゼンバトル】ThunderBirds 

ブログ

団体名

ThunderBirds

取り上げる活動の概要

「台風19号で被災された農家さんを応援するプロジェクトinいわき市」
社会福祉法人朝日新聞厚生文化事業団から助成金をいただいて、台風19号で被害に遭われた農家さんの活動を支援する活動です。農家さんの商品や台風19号被害などの情報発信をすることにより、浜松の方々にいわき市の農家さんのことを知ってもらうことを目的に活動しています。

活動にあたっての背景・課題

日本財団学生ボランティアセンター(Gakuvo)主催の「『ながぐつ』プロジェクト」をきっかけに、福島県いわき市の農家である松﨑さんと丸山さん、Gakuvoの高野さんと出会いました。その農家さんたちが台風19号の被害に遭われていたことを知り、Thunderbirdsとしてなにか支援ができないかとの思いからこの企画が立ち上がりました。

活動の内容・成果

台風19号の被害に遭ったオリーブ農家の松﨑さんとフェイジョア農家の丸山さんの支援として、情報発信をすることで台風被害のことやお二人が作っている商品のことを浜松市の人にも知ってもらおうと活動しました。情報発信として商品の販売とパンフレットの作成、広報動画の作成を行いました。以下活動内容です。

9/25(土)、9/26(日) 第1回いわき市の農家さんとのオンライン交流会(いわき市の農家さんとZoomで交流会を開催し、農家さんと学生の親睦を深めました。)

 
10/23(土)、10/24(日) 現地取材
福島県いわき市の農家さんのもとを訪問し、収穫体験や商品の試食、台風19号当時の話を伺いました。自分たちの目で今のいわき市の状況を知ることができました。また、この取材をもとにパンフレットと広報動画を作成しました。

 

11/6(土)キトルス祭にて商品販売
常葉大学の大学祭で農家さんの商品を仕入れて販売しました。オリーブクッキー、オリーブハッカ飴、フェイジョア(青果)、フェイジョアのパウンドケーキの4種類を販売し、完売することができました。また、模擬店で広報動画を流して宣伝したり、商品購入者に作成したパンフレットを配布したりしました。

11/21(土)我が街はままつ大学生交流フェスタ2021にて商品販売とSDGsフォーラム参加
SDGsをテーマとしたイベントに参加し、農家さんから仕入れた商品の販売とフォーラムにパネリストとして参加しました。パンフレットを用いて商品の紹介や説明をし、いわき市のオリーブとフェイジョアについて知らなかった方に商品を手に取っていただくことができました。SDGsフォーラムでは、当団体の活動がSDGsの目標達成に繋がっていることや、ボランティアに対する考え方についてお話させていただきました。その中で今回のいわき市の農家さんとの取り組みをご紹介し、知っていただくことができました。

 

12/11(土)、1/8(土)第2回いわき市の農家さんとのオンライン交流会
いわき市の農家さんを交えてZoomで交流会を開催し、これまでの活動報告と企画に関わった感想を共有し、活動にご協力いただいた松﨑さんに感謝の意を伝えました。

新型コロナを踏まえ、どのように活動を行ったか

活動を始めた8月から10月ごろにかけて新型コロナウイルスの感染拡大により県外での活動が実施できるか懸念されていました。そのため、オンラインでの交流会を開催し、その中で農家さんから直接お話を聞ける機会を設けました。現地取材に行けなかったとしても自分たちの口で農家さんや商品のことを紹介できるように、またできるだけ多くの学生が農家さんと交流できるようにというねらいがありました。一時は学内活動もできない時期がありましたが、結果的に現地取材をすることができ良かったと思います。また、イベントでの商品販売は感染対策としてアルコール消毒を徹底して行いました。

大学や世代の垣根を越えた協働

今回朝日新聞文化厚生事業団から助成金をいただいたことでこの企画を実現できました。また、常葉大学と協定を結んでいる日本財団学生ボランティアセンター(Gakuvo)の協力で、福島県いわき市の農家さんたちと出会うことができ、一緒に活動することができました。さらに、作成したパンフレットを浜松市内の高校生に配布するにあたり、地域貢献課の松岡さんや入試広報課の松田さんにもご協力いただきました。(右図:高校生に作成したパンフレットを配布する際に添えたチラシです。)

配布高校先一覧

天竜高校 浜北西高校 浜松湖北高校 湖西高校 聖隷クリストファー高校 オイスカ高校
浜松南高校 浜松大平台高校 浜松工業高校 浜松学芸高校 浜松聖星高校 磐田西高校
浜名高校 浜松東高校 浜松商業高校 浜松日体高校 浜松開誠館 計22校
浜松湖南 浜松江之島高校 新居高校 浜松学院 浜松修学舎

 

顧問の木村先生からは活動のアドバイスを沢山いただきました。ThunderBirdsのメンバー同士でもこれまで交流のなかった学生が一緒に活動する機会を設けることができました。すべて私たち学生だけでは成しえなかったことです。今回の活動を通じて多くの方にご協力いただき、計画以上の成果を残すことができたのではないかと思います。

(上図:活動の記念にいわき市の農家さんとGakuvoの髙野さんにお送りしたメッセージボードとアルバムです。)

意気込み

学ボラフォーラムでの発表を通じて、私たちの取り組みといわき市の農家さんについて1人でも多くの方に知っていただきたいと思っています。皆さんの印象に残るように発表がんばりたいと思います。

コメント